レディー

ねじの発注はカタログで|様々な発注手段とステンレス製の魅力

ステンレスの魅力と性質

ネジ

部品同士の接合部を締結する締付具には様々な種類があり、その材質も多岐に渡ります。近年では、締付具を多く利用する事業社の間でステンレス製つまみねじが注目を集めています。従来の締付具というのは、締め付けを行う際にソケットレンチやドライバー等の工具が必要でした。つまみねじは工具を必要とせず、素手で簡単に締め付けを行うことができます。このつまみねじを利用する場面というのは、定期的に開閉を行う接合部が主なものとなるでしょう。ここでは、材質にステンレスを採用したつまみねじの魅力について考えていきましょう。
ステンレスという材質は、金属の中でもメリットの高い魅力的な金属です。そのメリットの一つとして、不動態皮膜と呼ばれる性質があげられます。不動態皮膜というのは、ステンレス表面においてステンレスに含まれるクロムと空気中の酸素が結合してできる膜です。この膜が発生により、この金属は高い耐食性を持つことができるのです。耐食性というのは、雨風による劣化及び錆、傷等に強いといった性質になります。また、この不動態皮膜は自己再生する性質があり、傷がついたとしても再び膜を構築し耐食性を保ちます。これだけでも十分魅力的なステンレスですが、その強度も十分なものとなっているのです。高い耐食性と強度を兼ね備えたステンレスを材質を採用したことによって、つまみねじの品質もより高いものとなったのです。例えば、屋外に設置する装置の開閉部の締め付けにステンレス製つまみねじを利用することで、長い期間劣化することなくその締め付け強度を保てるようになるでしょう。